松陰塾安城北部校の布目です。

中学に通う生徒と話をしていると思うことがあります。

気になる言葉を使う生徒が多いんです。

「わかんない」「知らない」「無理、無理!!」

「◯◯をやっても後悔しそう〜〜」

 

口から出るのはネガティブな言葉ばかり。

そんな時に、私は一つの遊びを思いつき生徒に質問します

例えば・・・

「後悔」の意味は?

生徒の答えは

「あとになってくやむこと。」

しかし、私の答えは遊びココロを含めて

「悔やむことがあるのは後ろだけ、前にはない。前を向いていこう!」

続いて

「失敗」

生徒・・・負けて失う

私 ・・・「敗れても、失うものはない!」

「後退」

生徒・・・後ろへさがること

私 ・・・「後ろにはさがらないぞ!!」

 

生徒はキョトンとした表情になります。

同じ漢字を見ても考え方は様々で、物事はすべて捉え方次第です。

常識から外れてみると見えてくるものや景色が変わります。

考え方や気分次第で言葉の使い方も違ってきます。

色々な角度から物事を見れる生徒を育てることが目標の一つです。

 

*****************************************************
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670 / FAX 0566-91-7680
*****************************************************