松陰塾安城北部校の布目です。

11月14日付の朝日新聞で
『大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が
暗記中心になっているのは問題だとして、
高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」
(会長=油井大三郎・東京大名誉教授)が用語の精選案を発表した。
「用語が多すぎる」として、教科書の本文に載せ、
知識を入試で問う用語を
現在の3500語程度から約半分にすべきだとしている』と報道されました。

この報道が話題になったのは、
「坂本龍馬」「吉田松陰」「武田信玄」「上杉謙信」といった
誰もが知る偉人も削除の対象になったからだと思います。

知らない人も多いのですが、日本史で覚える事項や人名は年々増えています。
日本学術会議(内閣府が管轄する政府から独立した科学者たちの代表機関)は、
10年以上前から学習内容の精選を求めていますが一向に減る気配はありません。
それどころか、ある日本史教科書で比較したところ、30年間で67ページも増えていました。

30年前(1987年)の『日本史用語集』(山川出版社)には、約6400の用語が収録されていたが
現在(2017年)は約10700の用語が採録されています。

30年で4300もの新しい用語が足されたことになります。

「ゆとり教育」という詰め込み教育が否定された期間を挟んでいるのに
この数字はどう考えても異常です。

しかも大学受験では、いまだ些末な歴史知識を問う入試問題が少なくない。
このため、教師は授業の中で一つでも多くの歴史用語や
人名を生徒に暗記させなくていけません。

これでは現場の教師も大変だし、
覚えなければいけない生徒の負担も当然大きくなる。

それ以上に心配なのは
このことが若者の歴史嫌いを量産することにつながっているからです。

ただ、2020年度からは大学センター入試が終わりを告げ
かわって「大学入学共通テスト」が始まります。

すでに報道されているように、
「思考力・判断力・表現力」に重点を置き、
記述や論述を含む問題が導入されます。
日本史においても、歴史的な思考力が問われることが考えられます。

大学入試の抜本的な改革にあわせて
当然、高校の歴史教育も変わっていく必要があります。

歴史教育で大事なのは、些末な用語や人名の暗記ではなく
歴史の流れや因果関係をしっかり認識させ
最終的には、歴史の教訓を自分の将来に
役立てることのできる力を培うことだと考えます。

そういった意味では、多く史料が残り
今の社会と直結し、比較的なじみのある近現代を重視し
古代や中世といった、はるか昔の歴史は必要最小限にとどめ
ばっさり精選してもよいのではないかと感じました。

 

*****************************************************
学習塾・完全個別指導
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061 安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670
*****************************************************