松陰塾安城北部校の布目です。

生徒との会話でよく出て来る言葉があります。

「うまくできないから◯◯が苦手です。」

「◯◯は面白くないから嫌い。」

会話によく出て来る言葉は

「苦手」「嫌い」

です。

ただ、本当に嫌いなんだろうかと感じることがあります。

面白くない・楽しくないと思ったものを

「嫌い」で片付けてしまっているように思います。

これはもったいないことなのです。

あれもこれも嫌いと言ってしまうと

自分の成長にもつながらず、選択肢を狭めてしまいます。

 

「苦手」と「嫌い」は少し意味が違います。

辞書によれば

苦手・・・扱いにくい相手。そりが合わない相手。得意でないこと。

嫌い・・・きらうこと、いやがること

「嫌い」なことは、やはりちょっとハードルが高そうです。

「苦手」なことは、なんだか努力次第で克服ができそうな気がしませんか?

自分の中で嫌いと苦手を区別し、

苦手なものは「克服できるかもしれない」

と、思ってみることです。

苦手の場合、その原因は自分にあることが多いです。

*試してみる勇気がない

*スキルが足りていない

*そもそも最初から避けてしまう癖がついているetc…

何とかなりそうな原因です。

 

ちょっと想像してみてください。

苦手を克服した自分の姿、ちょっと格好いいと思いませんか?

数学が苦手なお子様が、松陰塾でスラスラ問題を解いている姿を・・・

 

お子様が勉強につまづいているかもしれないと少しでも感じた時がチャンスです。

当塾では、お子様に学力診断を受けていただき

お子様の現状を把握できる素晴らしいカルテを無料でプレゼントしております。

ぜひ、無料体験に一度いらっしゃってください。

申し込みはHPまたは

下記、連絡先までお問い合わせ下さい。

*****************************************************
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670 / FAX 0566-91-7680
*****************************************************