松陰塾安城北部校の布目です。

この時期、中学3年生は高校受験のことで頭がいっぱいになります。
もちろん、保護者様も同様です。
「心配、不安、希望」など様々な感情が湧いてきます。

高校受験について考えるのは、中学3年生だけではありません。
中学2年生もすでに進路について考え始めています。

昨日、中学2年生の生徒と高校進路について話したり色々質問を受けました。

「先生、M高校とA高校の偏差値(内申点)を教えてください。」
「先生、普通科と生活文化科の違いを教えてください。」
「先生、スポーツ学科はどんな勉強をするのか教えてください。」

具体的な高校名が出てきて、こちらは驚かされました!!

愛知県内の公立・私立高校の偏差値(内申点)が記載してある一覧を渡すと
すぐに志望校の名前を探しマーカーで印をつけてました。

生徒は目標が明確になったことで
今の現状から飛び出そうとする意志がわかりました。

生徒とこのようなやりとりをしながら
過去に読んだ本の内容を思い出してました。
その本にはこのような事が書かれていました。

『無難に生きると、感謝が小さくなる。
心地よいところから出て、生きる人は難が有る。
だから、「有り難いな」って感謝することができる。

人生がおもしろくない人は、それは人生のせいじゃない。
その人が、「心地よいところ」から出ようとしないから。

難にぶつかるから、謙虚になれる。
難にぶつかるから、人の有り難さを感じることができる。

難のおかげで、人は生かされていると気づくことができる。
感謝をするから、人間の魅力が高まり、人が集まる。

「大変だな」という気持ちを楽しみましょう。
長い目でみたら、それが人生の宝物なのですから。』

勉強を続けていくと、難問・困難・壁にぶつかりますが、
無難ではないベストな人生を歩むお手伝いを全力でサポートします。

*****************************************************
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670 / FAX 0566-91-7680
*****************************************************