松陰塾安城北部校の布目です。

みなさんは、モチベーションが下がった時どのように引き出しますか。

周りにいる人に引き上げていただきますか。

それとも自分自身で引き上げますか。

断定よりも、疑問の方が、モチベーションを引き出す手助けになる。

ある実験で、簡単なゲームをする前に2つの行為をしてもらいました。

Aチームには、
「私はやる( I Wiil. )」と自分に言い聞かせる。

Bチームには、
「わたしはやるつもりがある?( Will I?)」と問いかけてみてもらいました。

すると、Bチームの方がAチームに比べて、50%も多く問題を解いたそうです。

わたしたちは、命令されるのが嫌いです。

「お願いいたします」と口調が丁寧だとしても、拒否したい気持ちが生まれます。

ところが「お願いできますか?」と聞けば、相手に「いいえ」と答える余地が生まれます。

「はい、やります」という選択を相手にチョイスさせることが重要です。

面白いことに、この法則は対人にだけでなく、自分に対してもすごくよく当てはまります。

思考の中で「さぁ、やるぞ!」「はじめるぞ!」と自分を動かそうとするよりも、

「できるかな?」「はじめられそう?」と優しく問いかけた方が、

やる気になりやすというのです。

周囲に対しては気を使っている人も多いでしょう。

でも肝心の自分自身に対しては

「さっさとやれ!」「あれもやるべき!」「これもやるべき!」

と厳しくしていませんか。

それを続けると、心が疲れていくだけではなく、

モチベーションもだんだんなくなっていくのです。

自分自身に優しく問いかけ、お伺いを立ててみませんか。

 

*****************************************************
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670 / FAX 0566-91-7680
*****************************************************