松陰塾安城北部校の布目です。

今年もあと1日となりました。
新年を迎えると新しい月の始まりです。

1月の「月の異名」は

「睦月」

睦月とは、睦む(仲良く親しみあう)月が語源となり
お互いに行ったり来たりして
親しみを深めて仲良くする月という意味合いがあります。

また、睦月は日本古来のお正月の呼び名で
昔は、正月や1月という言葉はあまり使われませんでした。

日本には、新しい年の神様(年神)が
家々に降りて来て、その年の豊作や幸福を
授けるという言い伝えがあります。
正月はその年神様を迎えるための儀式です。

正月の準備としてお飾りをします。
お飾りは、年神様をお迎えして
1年の福を願う儀式のひとつです。

  • 門松

門や玄関に飾る門松は、年神様が最初に降りてくるときの目印
また、年神様が宿る依代(よりしろ)を表します。

  • しめ飾り

玄関の軒下に飾るしめ縄で作ったお飾り。
古い年のけがれを清め、神をまつる神聖な場所であることを示します。

  • 鏡もち

年神様へのお供え物です。
鏡餅を飾るのは12月28日がよいとされています。

  • 床飾り

床の間の飾り。掛け軸、鏡餅、いけ花、盆栽、屠蘇(とそ)器、香炉などを飾ります。

おせち料理が現在の形になったのは、
江戸時代後半と言われています。
もともとは年神様へのお供え物として始まり、
年神様がいらっしゃる間に煮炊きすることを
慎むというところから今の形になりました。

また、年神様にお供えしたもちを分けたのだが
始まりとされるお年玉ですが、
現在では、年長者から贈られるご祝儀を指します。

 

お正月の準備をし新しい年の神様をお迎えしましょう!

 

 
*****************************************************
学習塾・完全個別指導
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670 
*****************************************************