松陰塾安城北部校の布目です。

2017年も残すところあとわずかとなりました。

月の異名「師走」
日頃は落ち着いているお坊さん(師)でさえ
走り回るほど忙しい月という意味合いから
「師走」と書き、
仕事を納める月「仕果つ(しはつ)月」から
「しわす」と呼ぶようになったと言われます。

また、12月31日を「大晦日」とも言います。
各月の最後の1日を「晦日(みそか)」
と呼び、その総しめくくりが
12月31日の「大晦日」です。


その大晦日の風習といえば
年越しそば
・除夜の鐘etc…


「除夜」とは夜を除くことで、眠らない夜を意味します。
昔、大晦日の晩に一家の主が神社などに籠もって
夜を明かす「年籠り(としごもり)」を行なっていたことから、
大晦日を除夜と呼ぶようになったと言われます。

大晦日の深夜12時近くになると、
日本中の寺から鐘の音が響始めます。

これを「除夜の鐘」と呼び、
鐘は全部で百八回打たれます。

この数は、仏教の思想にもとづくもので、
鐘の音のひとつひとつは人間が持つ
百八つの煩悩を追い払い
最後の一回は新年を迎えてから突き
清らかになって新年を迎えることができると言われます。

大晦日の夜は
ご家族で近所のお寺を訪れてはいかがでしょうか。

 

*****************************************************
学習塾・完全個別指導
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 安城北部校」

〒446-0061  安城市新田町小山西68番地1
小山ビル2F
TEL 0566-91-7670
*****************************************************